日帰りスキーと荷物と

日帰りスキーツアーに参加する時、しっかりと考えておきたいのが、当日の荷物です。

ゲレンデに到着した後、荷物はロッカー等に預ける事になります。

livedoorニュース情報を調べられるこのサイトはオススメです。

この際、ある程度、荷物は少ない方が、ロッカーに入れやすい状態になります。

ただ、荷物を減らそうと、着替え等を持参しなければ、帰りも同じ服で帰る事になります。

雪の状態が良ければ、衣類はそれ程、濡れるという事はありませんが、天候や雪の状態によっては、衣類に水分が染み込む可能性もあります。


それだけに、必要最低限の着替えは用意しておく事がおすすめです。



服の他に用意しておいて損がないのが、リフト券を入れるケースです。現地で購入も可能ですが、あらかじめ用意をしておくと、現地で慌てる事がありません。そして、意外と役に立つ事が多いのが、絆創膏です。

いつも使っている靴やスキーを持ち込む場合、それ程、出番はない可能性もありますが、日帰りスキーでレンタルの靴や板を利用する場合、靴擦れを起こす可能性が高くなります。

日帰りスキーの情報を求める人におすすめです。

その為、少し余分に持って行っておくと、靴擦れを起こした時に、素早く対応をする事が出来ます。

更に、スキー場では空気が乾燥している事も多く、唇等が荒れやすい状態になる為、リップクリーム等も用意しておくとおすすめです。
日帰りスキーの場合、荷物は少なめにまとめておく方が楽ですが、あった方が便利なアイテムも複数あります。ですから、荷造りの際には、より快適にスキーを楽しめるように考えて、荷物をまとめていく事がおすすめです。